盆踊り
 ♪おどーり おどるなーら 三人でも おーどーれー
  ドコドコドン ドンドンツクツ ツーツクツー♪
 盆の15日・16日は踊りが最大の楽しみだ。子どもも大人も浴衣に下駄、とくに女の子は必ず浴衣だった。
 踊る前、本堂には年寄りや里帰りの嫁さんらが和尚の読経に正座合掌していた。庭では子どもや若連が読経の終わるのを待ち焦がれている。
 西から東から提灯とともにだんだん人が増えてくる。お参り(読経)が終わった。それっ!!とばかりに太鼓が響く。笛が鴫る。踊りの声が威勢よく聞こえる。二重に踊り手が増える。見物の数も一段と増え、村中で豊作を析るのか盆を祝うのか、踊り続けたものだ。と
もくじへ 
拡大する
next