兵隊なんこ(兵隊ごっこ)
 「突げきい?」大将は刀を振るう。軍旗を先頭にぼくたちは突進した。お墓を通り、坂道を下り、鐘搗き堂を通ってイナバの裏までだ。
 学校から帰ると、たまり場のお寺の庭へ行き、大将の号令できちんと並ぶ。並ぶ順番は決まっている。状況報告があるとすぐ出動だ。遅れたり泣いたりすると星が一つ下がる(階級章)。進め、進めとカラ元気をだして跳びはねた日々だった。

 大将は平成9年78歳で亡くなった。
 旗持ちは50年も前に戦死した。子どもの時のように勇ましかったんだろう。上等兵、金すじだった者もみんなもう亡くなった。
 一緒の仲間は白髪だったり、半分髪がない者、腰のかがんだ者など数人になっちやったな

もくじへ 
拡大する
next